一度きりの人生を、積極的に向上していきたい方におすすめ。無料で試せます。 【2週間無料体験】ブレーキとなる感情をクリアにすると、運命が変わる。未来が変わる。

ドラクエ11 すれ違い

すれ違い通信

 ヨッチ村の酒場で「すれちがい通信を登録」すると、すれ違い通信ができるようになります。
 すれ違い通信によりヨッチ族を受け渡しできます。「さくせん」から、おでかけヨッチとおともヨッチを設定しましょう。
 おでかけヨッチは自分で発見したものから選びます。帽子をかぶせることにより、該当するチケットを渡すことも可能です。すれ違いで渡すことにより、ヨッチや帽子がなくなることはありません。
 おともヨッチはもらったものから選びます。チケットの受け渡しも可能ですが、帽子を変更することはできません。
 一度すれ違った3DS本体とは、8時間が経過するまで再度すれ違うことはできません。同じソフトでも本体が違えば、8時間以内でも再度すれ違えます。
 すれ違いの設定はソフトではなく本体に記録されるので、ソフトを抜いていても本体だけですれ違い可能です。自分とすれ違うことも可能です。
 本体のふたを閉じてスリープモードにしないとすれ違いは起こりませんが、本体のふたを閉じればゲーム中でもすれ違えます。

擬似すれ違い

 すれ違いを設定して1時間半すれ違いがないと、エリア切り替え後に擬似すれ違いが起こります。ソフト内部の処理で、すれ違いが起こった時と同様にヨッチがもらえます。
 擬似すれ違いでもらったヨッチは、通常のすれ違いでもらったヨッチと同じ扱いですが、帽子はかぶっていません。
 擬似すれ違いを確認後2時間すれ違いがないと、エリア切り替え後に再び擬似すれ違いが起こります。
 時間が経過する前にゲームを終了してしまうと再開時は0からとなってしまいます。本体のWi-Fiを切っていても擬似すれ違いは起こります。

コメントを残す